YONABE

yonabe2013.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子温[しおん]( 67 )


2015年 07月 04日

【子温】プラかご2015版 第4弾

これまた以前投稿したプラかごの、ピンク×水色バージョンです。
b0298675_1713515.jpg


これで全色出そろいました。
b0298675_1714234.jpg

左から赤×白、オレンジ×緑、ピンク×水色、茶×紫となります。
[PR]

by YONABE2013 | 2015-07-04 13:38 | 子温[しおん] | Comments(0)
2015年 07月 02日

【子温】ラタン風かごバッグ第4弾

以前投稿した3色に加え、アンティークグリーンを追加。
浴衣姿はもちろん、家のなかで魅せる収納にもお使いいただけるかと思います。
b0298675_17103870.jpg

[PR]

by YONABE2013 | 2015-07-02 14:00 | 子温[しおん] | Comments(0)
2015年 06月 23日

【子温】浴衣のお共にいかがでしょう。

毎年欠かさず着るわけではないけど、毎年着たくなる浴衣。
着ない理由の一つに合わせるバッグがない、というのがありました。
浴衣用に市販されている巾着型だと小さくて、私の長財布がはみ出してしまう。
じゃぁ財布を小さくしろ、という話ですが、それも長年の使い勝手が優先され変えられない。
というわけで、浴衣姿に合わせられそうなバッグを作りました。
b0298675_14491584.jpg

[PR]

by YONABE2013 | 2015-06-23 21:51 | 子温[しおん] | Comments(0)
2015年 06月 17日

【子温】×チャリティ×ポチ袋

チャリティに関する追記です。

ポチ袋。
手仕事をやっていていつも思う、「半端なものをどうするか?」という課題の解決策の一つとして、エコクラフトを「水引の材料に使えないか」と思いついたのは、まわりまわって義姉のおかげかもしれません。

家人は水引産地の生まれのため、私たちの結婚式に義姉が水引で手作りした花束をくれたのでした。
その頃20代の私は正直、『水引は冠婚葬祭の際に使われる古い伝統』というイメージしかなく、「生花が良かった~。」なんて罰当たりな考え。

それから年月が経ち、家の奥の方~にしまわれていた花束を時々見かけると、何かを訴えかけてくるようで、でもわからずまたしまう、という日々が流れておりました。

があるとき、今や水引はさまざまな形にアレンジされているのを知り、「あの花束…、あの当時最先端?だったものを時間をかけて作ってくれたのだ。」そして、水引の材料である紙縒りを見て、「あれ?なんだかとっても馴染み深い」と思い当たったのでした。

このたび、市販のポチ袋とはちょっと違って少し可愛い、を目指し、色の豊富なエコクラフトを用い玉結びを主に作りました。袋は、子供が自分の折り紙で休日に10枚ずつ作りためたもの。
b0298675_14202370.jpg


私にとって、今回のチャリティはきっかけがすべて家族、にありました。

今でも3.11以前の、当たり前の家族の日常から引きはがされて暮らしている方々のお役にほんのちょっとでも立てられたら、との思いでおります。
ぜひみなさまお立ち寄りください。
[PR]

by YONABE2013 | 2015-06-17 21:46 | 子温[しおん] | Comments(0)
2015年 06月 03日

【子温】夏です、プラカゴ。

昨年のyonabe2014で初めて出品したプラかご。
このたび、チェック柄に模様替えし一回り大きくなって再登場です。

持ち歩けるサイズであるのと同時に、カラーボックスにも収納できる大きさに。


b0298675_14152556.jpg

我が家では例えば、子供の夏モノ、水着にサンダルにタオルに浮き輪…を収納しておいて、いざプール!というときは焦らずそのまま持っていく♪なんて使い方をしています。
[PR]

by YONABE2013 | 2015-06-03 15:00 | 子温[しおん] | Comments(0)
2015年 05月 07日

久しぶりのオーダーです。

春を感じる期間が年々短くなってきていると思うのは私だけでしょうか。
でも、まぶしい太陽のもと、水をはった田んぼとその後ろに広がる新緑の筑波山を見て、日本の四季にやはり心動かされる連休でした。

さて春休み中、高校の友人に久しぶりに会いました。
短くも凝縮された時間、お互いの近況を話すうちにyonabeの話になり。。。
普段、自分からはあまり話さないのです、yonabeのこと。
yonabeの一員としてまったく役立ってないのですが、なんだかそこには見えないハードルがあって。
でも今回は聞き上手な友人にうまく引き出され、オーダーまでいただいてしまいました。
b0298675_10595181.jpg


革の色は後日LINEの写真でのやり取りで友人に決めてもらいました。300キロの距離を感じさせない便利な世の中です。
久しぶりのオーダーで、革の色選びを友人と楽しめる余裕も持てた作品となりました。
週末に東北のあちこちを巡り思い切り楽しむ彼女、そのお共に役立ててもらえたらと思います。
[PR]

by YONABE2013 | 2015-05-07 11:08 | 子温[しおん] | Comments(0)
2015年 04月 21日

【子温】記憶障害。。。

一か月前にupしたと思っていた記事、今日見ると、ないーーー!
確かに書いたのにどこへ???

てなわけで、気を取り直し再投稿です(;´Д`)

コーシュカさんやちえぞうさんの春満載の記事の後に、
気分は3月に逆戻りします↩。

白のバッグに革あてをつけたバッグ(第3弾目)です。
b0298675_2043324.jpg

それは二年前、、、yonabe2013の打ち上げにて、気分高揚が原因の、後で反省するタイプの購入物の1つになんともいえない紫の革がありまして。

どう活かそうか思案したあげく、やっとしっくりくる組み合わせとなりました。

単純な白ですが、クセの強い紫をいい意味で押さえこんでくれたように思います。

中には大振りのガーベラ。
息子が卒業式の、学校恒例の花道でにて下級生からもらってきたものです。

日々の理解不能な言動の息子に対し、斜めに見るクセのついてしまった母は、
こんな出来事一つに、「下級生に少しはよくしてあげられたのかな。」と
ホッとするのでありました。
[PR]

by YONABE2013 | 2015-04-21 20:47 | 子温[しおん] | Comments(0)
2015年 02月 20日

ラタン風バッグ 今回は桃色です。

今回は気分を変えて桃色です。
ちょうど桃の節句が近いから…ではなく
気が早いですが『夏の浴衣のお共に、』をテーマに作りました。
落ち着いた暖かな感じのする桃色なので、案外、この寒い季節の室内でもおかしくはないなと思っています。
b0298675_9582759.jpg

作品の写真撮影はほんと難しいですね。
今回は昨年一目惚れして購入したぶたの器に助けをかりました。
陶器の作り手の方は、「もちろん花でもいいし、器だからスティックサラダとかを入れても。」とおっしゃっていましたが、いまだ活用できず。。。
[PR]

by YONABE2013 | 2015-02-20 10:00 | 子温[しおん] | Comments(0)
2014年 12月 11日

ラタン風バッグ

b0298675_12080526.jpg
定番ですが、師走ですね。ここ2,3年子供がお世話になっている、実家のご近所のお習字の先生へのご恩返しに作りました。
母に以前色違いで作り、実際に使ってみて何かしら良かったようで、母からのリクエストでした。

先生の元から帰った子供らは、余計なものがそぎ落とされてすっきりした様子があり、
書道というものが持つ力にいつも感心させられています。



[PR]

by yonabe2013 | 2014-12-11 14:19 | 子温[しおん] | Comments(0)
2014年 11月 14日

15年ぶりの益子

念願の「子なしで、平日、益子ツアー」に行ってまいりました。
あれは旦那が彼氏だった頃、彼の栃木での日曜仕事の合間に一人で益子へ行った以来。。。
これを読んでくださっている普段私と接点のある方達のほとんどが、多分旦那様が彼氏であっただろう頃。
15年とはもう十分に一昔前ですな。。。
一人そんな懐かしさを覚えながら、今回の益子はyonabeの4人でにぎやかです。

そんな中、仙台に住む母からカップの依頼がありました。
先の地震で陶器がことごとく割れてしまい、「食器はぬくもりよりもいかに丈夫か」、で選んでしばらく生活していた母、最近になってやはり陶器のカップが欲しくなったようです。
そうやって前向きになる母に嬉しさを覚え、その要望である、「容量は少なくていい、親指の置場のあるもの」を満たすものを三つ選んできました。

b0298675_1114679.jpg

どれも取ってが縁近くにつけられています。
奥から順に豊田雅代さん、衣川俊仁・あきえさん、蓮見かおりさんの作品でどれも1000円台で購入できました。
我が家用にも大皿を二つ購入、次回アップ予定です。
[PR]

by yonabe2013 | 2014-11-14 10:00 | 子温[しおん] | Comments(0)